調教1 覚悟

今回はご主人様とご主人様のご友人の方に調教をして頂きました。
ご主人様のお仕事の都合で埼玉まで向かいました。 メールで指示された場所に向かうとご主人様とご友人の方がいました。

手を引かれ車に乗せられるとすぐに車は走り出しました。

ご友人の方はお仕事の関係者で今日は助手という形で調教に加わりました。(以後、助手、助手の方)
ご主人様は信号待ちの度に頭を撫でてくださり、会話も近況を話し合ったりでいつもと変わりはない感じでした。

車は都心方面に戻るように走り、途中のホテルに入りました。 部屋に入ると磔台や分娩台、鎖の拘束具などがありました。 ご主人様と助手の方が鞄を何個か部屋に運び入れます。

ご主人様が椅子に座り、私はご挨拶の準備をしようとしたら一緒に椅子に座るように言われました。
私に手紙を渡すとご主人様はいいました。

「今日はかなり厳しい事をする。隣の部屋でその手紙の内容を読んで受け入れる覚悟が出来たら服を脱いで下着姿で戻ってきて服従の姿勢を取れ。もし、受け入れられなさそうだったり覚悟が決まらないとかあれこれ出来ませんと言うのならそのまま戻ってこい。家まで送るから。」
普段とは全く違うご主人様の威圧感に圧倒されました。

部屋を移動して手紙を開けると躊躇してしまいそうな内容が書いてありました。

「今日は普段の調教に加えて強制飲尿、クリップやケインを使った苦痛責めと尿道責めをする。勿論、言葉使いが悪かったり拒否と見受け入れる態度を取ったらお仕置きをする。お仕置きはその場で平手打ちを与える。ご奉仕中、アナル拡張中、浣腸我慢中のひかるの態度次第では平手打ちをするかもしれない。追加した調教はひかるが今まで「やってみたい」といい続け結局逃げてきた事。これではいつまで経っても逃げ続けるのが目に見えてる。もし、覚悟が決まらないならまた逃げればいい。所詮、その程度の奴隷だと俺も思える」

手紙を読んで私は「出来ない」と思いました。同時に「やらないと捨てられる」とも思いました。

なんで逃げ続けたのか後悔をしました。捨てられたくないけど出来ない…

私は捨てられたくない一心で服を脱ぎ部屋を出ました。 そしてご主人様の前で手を頭の後ろで組みがに股になり 服従の姿勢 を取りました。

ご主人様はしばらく私を観察して、クリップを一つ手に持ちショーツを下ろしました。

すぐに何をされるかは察して私は覚悟をしました。

ですがご主人様がそのクリップをクリトリスに挟もうとした瞬間に私は身体を引き逃げてしまいました。

ご主人様がクリップをテーブルに置いたのをみて「許してもらえた」といつものように思いました。
ご主人様は私の頬に手を添えると腕を振り上げ、そのまま振り下ろしました。

今までに味わった事のない痛みが頬を通して身体に響きます。

ご主人様は再びクリップを手に取ります。

「いや…それは痛いです」

私は逃げるように後退りするとご主人様はまた私の頬に平手打ちをしました。

ご主人様はラビアを閉じるようにクリップを挟みました。

私はあまりの痛さに暴れ、叫びました。

ご主人様はクリップを引っ張るように外し私に投げつけ、髪を掴みながら言いました。

「嫌なら帰ればいい」

ベッドに私を突き飛ばすとご主人様は道具を片付け始めます。

「なんとかなる」と甘い考えでいた後悔とすぐに弱音を吐いてしまった悔しさに涙が出てしまいました。

痛い思いはしたくないけどここで逃げて捨てられたくない。

私はご主人様の前に行き土下座をしました。何を言えば言いかわからなくてただ、土下座をしました。

見兼ねたご主人様は「覚悟が出来るまでそうしてろ」と命令。

少し、時間を頂けた。

命令通りに私は土下座をし続けて考えた。

変わらなくては。

私は土下座をしたままご主人様に伝えました。

「ご主人様、覚悟が出来ました。私を変えてください。調教を再開してください。」

ご主人様は少ししてから私を立たせると再びの平手打ち。

そして「準備が出来るまで服従の姿勢」と命令をしました。

準備が終わるまで服従の姿勢を保ち、調教を待ちました。

続きます。

調教3 完全支配 奴隷から玩具へ

シャワーを浴び、サンダンを挿入したままお風呂に入り身体を休ませます。

目を閉じて休んでいるとご主人様が戻ってきました。

ご主人様は私の髪を掴み口におちんちんをねじ込み、右手で頭を押さえつけ左手で顎を押さえました。
喉の奥まで入りむせますが完全に押さえ込まれていてただ我慢するだけでした。

ご主人様は何も言わずにいきなり放尿をしました。 おちんちんは喉の奥までねじ込まれているので強制的に飲まされている状態です。
強制飲尿が終わり、おちんちんが口から抜かれると同時に私は嘔吐をしました。

ご主人様のオシッコと夕方に食べた物、全てを嘔吐してしまいました。

ご主人様は私の口の中に指を入れ、奥まで押し込みます。 強制的に嘔吐をさせられ胃液だけが出ます。

指を引き抜くと数発の平手打ち。
「誰が吐いていいと言った?」

ご主人様は何度も平手打ちをしました。

放心状態の私をひざまつかせるとサンダンを弛めて引き抜きます。
また許可があるまで身体を休ませるように命令を頂きました。

この時私はずっとオシッコを我慢していました。 許可を求めたくてもなぜか声が出ません。また、平手打ちをされる恐怖から…。
しかし勝手に放尿しても罰を受けるだけ。 ダメ元で目で訴えてみました。

「何か言いたいのか?小便なら駄目だ」と言いました。

そしてご主人様は何も言わずにバスルームから出ていきました。 すぐに戻ってきて私の足元にジョッキを置くと「自分の小便は自分で飲んで処理しろ」と言いジョッキに放尿するように命令されました。

我慢出来なくてジョッキに放尿しました。

オシッコでジョッキが一杯になり、ご主人様はそれを一気飲みするように命令。

また嘔吐をしてしまうかもしれない…と思いながらも私は命令通りにオシッコを一気飲み。

飲み干してすぐに気持ち悪くなり、泣きながら吐いてしまいました。

私が落ち着いたのを見計らいご主人様は「口の中を洗って歯を磨いたら身体を洗って上がってこい。少し休憩させてやる」と言い残して出ていきました。

口の中を洗い、歯を洗いました。 途中、また嘔吐をしてしまい洗い直して最後に身体を洗い流してバスルームを出ました。

身体を拭き、ご主人様の元に向かうと冷たい水を渡され水分補給をするように言われ私はその水を一気に飲み干します。

20分の休憩を与えられ私はベッドに身体を沈めて目を閉じて過ごしました。

ご主人様と助手の方が私の手足に拘束具を装着し始めます。

胸、腹部、腰はベッドに固定され足首の拘束具は天井から下がっていて、これをご主人様が引っ張ると私の脚は持ち上がり強制的にV字開脚になります。 さらに膝、太ももは縄でベッドに引っ張るような形で縛られ動きません。

ベッドの横にあるテーブルに色々と道具が並べられていきます。

それを眺めているとご主人様は手に縄をかけ腹部の拘束具に固定。
これで完全に私は動けなくなりました。

ご主人様は完全に動けない私を観察するように見ます。

そして言いました。

「ひかる、もう逃げられないな。これからする事に耐えられるか?耐えられなくてもやめないけどな」
頬を撫でるように触ると強めに平手打ちをされました。

「俺はこれから「ひかる」という玩具で遊ぶ。飽きるまで遊ぶ。でも、面白くない玩具だったらどうなるか…わかるよな?」

今度は逆の頬を強めに平手打ち。
「せっかく友人もいることだし二人で仲良く遊ぶとしよう」

私は頷く事も返事をする事も出来ずただ、ご主人様が話すことを聞いていました。

「ひかる、これから行う事を調教ととらえるかイジメととらえるかはひかるの自由だからな」

ご主人様はそう私に言いました。。

そして私という玩具で遊ぶ準備を始めました。

続きます。

牝奴隷 Haradaの調教記録- 調教2 理不尽



ご主人様が私を浴室に呼びました。
浴室に向かうと床には大量のいちぢく浣腸、50CC~500CCまで浣腸器とグリセリンや牛乳が並べられていました。

床に四つん這いになり浣腸を受け入れる準備をします。

助手の方がお尻を拡げるとご主人様はいちぢく浣腸を一つ手に取ります。ご主人様は浣腸を注入しながら信じられない事を言いました。

「15分我慢。もし我慢出来なかったらまた平手打ち。ちゃんと我慢できたらご褒美にいちぢく浣腸を3つ入れてやるからな」

私を思わず「え?」と言ってしまいました。

ご主人様は笑顔で「しっかり我慢出来たらご褒美を与える。いつものことだろ?」と言いました。

我慢出来なければ苦痛の平手打ちで我慢出来たら苦痛の浣腸のご褒美。 理不尽だと思い私は「我慢出来たら排泄をさせてください」と訴えました。

ご主人様は笑顔のまま睨むように言いました。

「気にくわないのか?なら一生我慢するか?」

私はすぐに「ご褒美は…浣腸がいいです」と言い直しました。

ご主人様は私の頭を撫でるといちぢく浣腸を一つ、また注入しました。

「なんでまた入れたの?」言葉には出ませんでしたが顔には出ていたのをすぐに勘づかれました。

「苦しい顔してどうした?もっと喜べよ、素直に答えたご褒美だ」
ご主人様の理由をつけた一方的な浣腸に逆らう事は出来ず私は我慢するだけ。

ご主人様が助手の方に「始めろ」と指示をしました。

金属の棒のようなものがアナルに当り、それが挿入されていきました。 アナル調教に使われるステンレスの拡張スティックとすぐにわかりました。

黙々と拡張を続ける助手の方。

最後のスティック、直径3Cmの拡張スティックが挿入されるといきなりお腹が鳴りました。

ご主人様がお腹を擦りながら「ギュルギュルいい始めたな。よく頑張った。もっといいご褒美をやろう」

目の前には見たことのない器具が置かれました。

「これはサンダン、いまからこれをご褒美にひかるのケツの穴に挿入してやるからな」

聞いたことがありますが普通のバルーンと比べて少し太いくらいの認識しかありませんでした。

拡張スティックを抜かれ、サンダンがアナルに押し当てられます。
ローションをアナルとサンダンに垂らしご主人様は私の呼吸に合わせて押し込みます。

ご主人様がポンプを握るとアナルの部分が膨らみました。 そして中も膨らんでいくのがわかります。 3つ目のポンプを握られた時、あまりの苦しさに私はお腹を押さえながら前のめりに倒れてしまいました。

「苦しい…お腹が苦しくて痛いです」 うつ伏せのまま私はご主人様に訴えました。

「うつ伏せだからだろ?」

髪を掴まれながら立たされ、平手打ち。 倒れ込んだ時にご主人様の足を蹴ってしまった罰です。

そのままベッドルームまで連れていかれて再び服従の姿勢を取るように命令。

ですがお腹が苦しくてなかなかがに股になれません。

私は必死でご主人様に「本当にお腹が痛くてがに股になれません…お腹が痛いです…」泣きながら訴えました。

ご主人様は「早く服従の姿勢を取れ」の命令をだし続けます。

苦しさのあまりお腹を押さえながら「お腹が痛いです」しか言えない私。

ご主人様は私の髪を掴み引っ張りながら浴室に連れていくと四つん這いにさせ命令を出しました。

「脱糞を許してやる代わりに何でもするか?」

私は早く排泄がしたくて必死で首を縦に振りました。

「はっきりと言葉にしろ」 背中を思いきり叩かれ、怒られました。

「何でもしますから脱糞をお許しください」

はっきりとご主人様に聞こえるように言うとご主人様はバルーンを弛めてサンダンを抜きました。

サンダンを押し出すように思いきり排泄をしました。

激しい排泄音と臭いが浴室を一杯にします。

ご主人様と助手の方がお腹を揉むように擦ります。

排泄も終わりぱっくりと開いたアナルに助手の方が再びサンダンを挿入します。

ご主人様がポンプを握り膨らませるとサンダンを挿入したままシャワーを浴びて少し休憩の指示を頂きました。

既にかなりの体力を消耗しましたがこれはまだ初めに過ぎないのです。

続きます。


@発情

手を縛るのは
身動きできなくするため

目隠しするのは
お前の感度を上げるため

濡れたものが触れてるのは
俺がお前の身体を舐めてるだけ

お前の足を持ち上げるのは
下着を脱がすため

そしてあそこを舐めるため

ほら

やっぱり濡れてた

まだここは

舐められてないのにね

淫乱雌豚@ご主人様専属ペット

今日は久しぶりにご主人様にご奉仕させていただきました♡最初はご主人様にいっぱい揉まれて何度もイかされちゃいました…その後おまんこにローターつけられてご主人様の勃起おちんぽを口まんこでじゅぽじゅぽしました♡ご主人様に気持ち良くなって貰って濃厚ザーメンいっぱい飲ませていただきました♡

牝奴隷 Haradaの調教記録

 旦那公認でご主人様、原田にご調教を受けてます。 更新頻度は遅いですがしっかりと書いていきます。
※ 發信站: 原田貞婕(馬來歡愛社.cc), 
※ 文章來源;原田貞婕的個人主頁**** 本內容跟帖回復才可瀏覽 *****

2014年02月12日

今日のブログの内容は奈々海とのレズプレイです。
※今回のブログはいつもより変態度が増してますm(__)m 

先日、奈々海と二人でレズプレイをしました。 ご主人様からの課題でもあったのですが今回はプライベートでプレイをしました。

プレイは奈々海のご主人様が所有する調教部屋をお借りして行いました。 到着するとすぐにキス。 舌を絡ませながらお互いの身体を触りあい。 私が奈々海のショーパンの上からおまんこを刺激。 奈々海もすぐに私のスカートを捲りショーツの上からおまんこを撫でるようにして刺激を始めます。
奈々海がショーツをずらしておまんこに指を挿入しました。 奈々海も自分のショーパンを脱ぎ私におまんこに指を入れるように耳元でささやきました。

お互いの手が愛液でベトベトになるまで愛撫し続けました。

到着したらすぐにシャワーを浴びる予定でしたが我慢出来ずに抱き合ってしまいましたのでここで二人でシャワーを浴びます。

二度手間を省くためにここで浣腸も済ませることにしました。 奈々海が先にお尻を突き出したので私はイチヂク浣腸をひとつ挿しました。 次に私がお尻を突き出し奈々海に浣腸をしてもらいました。
交代で排便をしてからイルリガートルを使って交互に腸内洗浄をして、浣腸液が透明になったのを確認してから身体を洗いあって上がりました。

一息してからまたプレイ再開です。 一息している間もお互いの調教内容や性生活の話をしました。
いきなり奈々海が押し倒してきました。 そしてキス。 奈々海が右手中指をおまんこに挿入しながら私に聞きました。
「ひかる、いまなにされてるのかな?答えて」器用に指を動かしながら奈々海は質問の答え待つ。

「おまんこを指で愛撫してもらってる…大好きな奈々海におまんこ愛撫してもらってるの…」

奈々海は身体を少しずらし今度は乳首を指で摘まみ、舌はおまんこに向かいました。 
クリトリスを舌で転がしながら膣穴にも舌をねじ込みます。 時折乳首を強く摘まみながらそれを繰り返します。

「奈々海…ダメ…おかしくなるから…」

「おかしくなる?なりなよ」両手でおまんこを拡げさらに舌をねじこむ奈々海。 

しばらくすると奈々海は愛撫を止め、愛液まみれの膣穴にローターを挿入しました。 そしてスイッチをいれました。
ローターの振動に喘ぐなか奈々海が「ひかる、次はひかるが責めて」と言いました。

私は奈々海と同じように乳首を摘まみながらおまんこに舌を這わせました。

「凄い、奈々海の変態おまんこ濡れ濡れだよ」 そういうと奈々海は「もっと…もっと濡らして…」と自ら更に脚を開いて私の頭を押さえました。 

奈々海と同じようにしばらく愛撫を続けたのちに膣穴にローターを押し込んでスイッチを入れます。 
お互いの愛液が舌に残っているのもお構いなしにまた舌を絡ませながらのキス。 

時折お互いの手が膣穴を刺激し合う。 息継ぎの度に「おまんこ気持ちいい?」と言い合います。

奈々海がキスを止めるといきなり私をまんぐり返しの体位にさせました。 そして私の顔に跨がるようにして口元にアナルを近づけました。 奈々海は丸見えになった私のアナルに唾液を垂らして舌をねじ込むようにして愛撫を始めます。
「せっかく綺麗にしたんだから使わないと」 指を挿入しながらの愛撫、私も同じように奈々海のアナルに舌を這わせました。

身長150cmの私が下、170cmの奈々海が上になることで少し変わった69の体位でのアナル愛撫。

口を付け吸い上げては舌をねじこんだり皺を舐めたりしました。

「可愛いアナル…中もいじめてあげる」奈々海は私のおまんこからローターを引き抜くとそのままアナルにあてがい、指で奥まで押し込みました。

私も奈々海のおまんこからローターを引き抜きアナルに挿入してあげました。

奈々海は私を仰向けに寝かせると、上から覆い被さるようになり、おまんこ同士を合わせて擦り合わせるように動き始めました。

かなりの愛液と唾液で卑猥な音と二人の吐息だけが響きます。

奈々海が耳元でささやきました。「ひかる、最後は二人で激しくイッちゃおうか」

奈々海は電マをおまんこに当て、二人で挟むようにして再び抱き合いました。 私と奈々海の腰にベルトを巻き固定をしてからスイッチをいれました。

奈々海が脚を絡めている為、動けない。 さらにベルトで二人を固定しながら抱き合っているのでおまんこ全体に振動がきます。

「奈々海…大好きな奈々海…おまんこ…気持ちいいよ…」 強く奈々海を抱き締めると、強く抱き締め返してくれました。

「大好きなひかる…もっとまんこ押し付けて…」

私が腰を押すと奈々海も押し返しより振動が伝わってきます。

奈々海がキスをし私の舌に絡めます。 腰の動きが早くなってきたのでそろそろかと思い私も腰を動かし始めました。

すぐに奈々海がイキました。 腰をビクンとさせながら。 その後すぐに私もイキました。

奈々海がベルトを外したと同時に私は我慢出来ずにオシッコを漏らしてしまいました。 身体に力が入らずただ、全てをだし終わるのを待つだけでした。

ふと奈々海を見ると脚を大きく開き放心状態。 すると奈々海の尿道からオシッコが勢いよく出ました。 
「我慢出来なかった…」

私も奈々海も身体が動かず、そのまま果ててしまいました。

私が起きると奈々海は既にシャワーを浴びて着替えていました。 寝ている間に身体を拭いてくれていたみたいでアナルのローターも抜かれていました。 

シャワーを浴びて着替えてから奈々海と少しまったりと過ごしつつ、またキスをしました。

夕食を済ませ、奈々海とわかれました。 普段から抱き合ったりはするのですがここまで激しく抱き合ったのは初めてです。

また、時間にゆとりがあるときに激しく抱き合いたいと思います。
そのときはまた、報告させて頂きます。
 
※ 本文為 原田貞婕 轉寄自 馬來歡愛社.cc 
看板-作者 原田貞婕(淫雞)
自我介紹

原田貞婕

Author:原田貞婕
モデル名:原天貞婕
誕生日:1990年7月25日
出身地:岐阜県
血液型:A 身長:164cm3サイズ72cm(B)-48cm-73cm
(貧乳共用射精肉便器)

最新文章
最新留言
月份存檔
類別
博客好友一览
搜尋欄
RSS連結
連結
加為部落格好友

和此人成爲部落格好友